あなたの質問にU-zhaanが答えます。
音楽のこと、カレーのこと、人生相談などなんでもいいですよ。
質問が採用された方には、なにか地味なプレゼントを送ります。
291

どうして生活することはこんなにお金がかかるんですか?
お金のことを考えずに、好きなことだけして生きていきたいです。

おかのなす(21) 学生

ハラカミです。出来るだけお金の事を考えずに生活する一番の方法は、『出来るだけお金がかからない生活』を心掛けてみるのが一番ではないかと思いますよ。
好きな事をやり続けるには、どうしてもそれなりにお金がかかる事が大半ですが、お金をかけずに好きな事をするにはどうすれば良いのか想像してみて下さいね。ちょっと考えるだけでも色々とあるものですよ。散歩とか。とにかく寝るとか。図書館に行ってみるとか。で、結局、好きな事だけして生きていく事なんて基本的に無理だって事はわかっておいた方が良いと思います。好きな事自体も流動的なモノですから。

292

オーラって何を食べたら出てくるんですか?

コオロギ66(44) 道民

ピンチヒッターのハラカミです。
とりあえず、色々なモノを食べてみて下さい。食べたりする事も大切ですが、色んなものを読んだり観たり聴いたりして、色んな人に会って色々と話してみる事が、色んな意味で良いのではないかと思います。で、『里芋』とか食べてみてはいかがですか? で、オーラってなんですか?

293

ウルフルケイスケさんに憧れて上京しましたがどうがんばってもウルフルケイスケさんに成れず、今現在「たいせー」止まりです。あと何をすればレベルアップできるでしょうか?

takayama 病人

若い頃に憧れの対象を持つ、というのはとてもいいことだと思います。なにか目指すものがあることによって、努力の方向も見えやすくなったりしますよね。
ですが、ここで一つ考えてみましょう。どうしてウルフルケイスケさんとたいせーさんを比較する必要があるのでしょう。ウルフルケイスケさんと比べて、たいせーさんのレベルが下、なんて決め付けてしまっていいのでしょうか。そういう考え方をなくして行くことが、あなたを人間として成長させる足がかりになるかもしれません。
それに彼は、2006年のシャ乱Q復活に合わせて、芸名を「たいせい」に変更しているんですよ。そのことも知ってもらえないまま「たいせー止まり」なんて言われては、彼が少し気の毒ですね。たいせいさんも、きっと頑張って活動しているのだと思います。最近はブログの更新こそ滞っていますが、たぶん他にいろいろやることがあるのでしょう。ぜひこれを機会に応援してあげてください。

294

もうすぐ六ヶ月の娘が離乳食を食べてくれません。
焦ってます。
気持ちを悟られないよう満面の笑みて接してるのですがダメです。
どうしましょう?

ヒオキノリコ(34) 主婦

おいしそうに離乳食を食べる赤ちゃんを探してきて、その様子を見せてみたらどうでしょうか。多少なりとも興味を持つかもしれません。
ただ、今のところ僕の知人に「いや、オレ離乳食が好きになれなくて、いまだに母乳なんだよね」という人はいないので、時期が来ればそのうち食べ始めると思いますよ。これからも笑顔を絶やさずに、子育て楽しんでくださいね。

295

風呂上がりに風呂を洗うのが私の仕事なのですが、洗ったと嘘をつくとすぐにばれてしまいます。なんでなのでしょうか、教えて下さい。

佐藤裕太(30) 医師

「浴槽に貯まったお湯を抜く」「風呂洗い用のスポンジを軽く湿らせる」「洗剤を適量捨てる」などの、最低限の努力を怠っている可能性があります。注意してみてください。
浴槽を出てから、しばらくガタガタ音を立てたりするのも効果的です。その後なんとなく一仕事終えたような雰囲気でご家族の前に顔を出せると、より信ぴょう性を増すでしょう。
このように、嘘を付くというのはとても面倒なものです。さっさと洗って気持ち良く寝てください。

296

昔から方向音痴で地図がまるで読めません。どうしたら地図が読めるようになりますか?

本村亜美(22) 専門学生

残念ながら、恐らくそれは読めるようになりません。僕もその問題に長年苦しめられて来ましたが、もうあきらめて近くの人に道を聞いたほうが早いです。
その際にどんな人に尋ねるかについて考える方が、より効率的だと思われます。
都会では、荷物の少ないサラリーマンが最もその土地に詳しいことが多いです。荷物が多いと営業で知らない場所を回っている可能性がありますし、若者は地方から出てきたばかりの人も多いでしょう。
観光地では、普段着の中年の方に聞きましょう。よそ行きの格好の人はたいてい観光客ですし、若い人はあまり土地の人と旅行者との見分けがつきません。
田舎では、人通りも少ないので手当たり次第に声をかけてみましょう。その際、あまり年配の人に話しかけると「うちでお茶でも飲んで行かないか」と誘われることもありますが、時間のある限り交流を楽しんでください。
ただ、万が一あなたがインドで道に迷った時は、必ず何人かの人に確認してください。彼らは、たとえ全くその場所について知らなかったとしても、適当な方向を指さして教えてくれる傾向があります。どんどん目的地から遠ざかる恐れがあるので、じゅうぶん気を付けてください。

297

インド料理店で働いています。
もう何年も、お昼ごはんは賄いのインドカレーしか食べていません。いいかげん飽き飽きしています。今さら「もう賄いは結構です」と断るのも、インド人シェフに悪いような気がしてできません。転職も幾度となく考えたのですが、実家で経営している店なので、親の気持ちを考えるとなかなかそうもいきません。どうしたらいいでしょうか。

宮崎綾乃(34) 飲食店勤務

食事の時間は、とても重要なものです。1日3食としても、その1/3を毎日うんざりした気分ですごすのは非常にもったいないですね。できるだけ早く解決しましょう。
ただ、あなたの場合「カレーは食べたくない」「でも申し訳なくて断れない」「職場も移れない」とのことです。きっと周囲のことを思いやる優しい方なのでしょう。ですが、なにかを犠牲にしなければこの問題は解消できません。
そこでしばらくの間、思い切って夜もカレーにしてみてください。一度限界を超えるまでカレーに追い込まれることによって、自分が選択すべき道が見えてくると思います。どんな結論が出るか楽しみですね。場合によったら、荒療治でカレー無しではいられないような体質になれるかもしれませんよ。頑張ってください。

298

自分の名前を変換する時に必ず再闘争やら再逃走、と変換されてしまうのです。
僕の理解力の範疇を越えてしまい苦悩しています。
ここは逃げずに闘ったほうがいいですか?
答えをください、おねがいします。

さいとうそう(17) 高校生

「さいとう」を入力した時点で一度変換してください。

299

インド料理屋さんに行くと店員さんが大きな声でいっつもしゃべっていますが、あれは何を話しているのですか?なにかぼくの悪口を言っていないか心配です。

上村佑樹(32) 無職

基本的にインドには大きな声でどうでもいいことを話し続けている人が多いので、特に気にする必要はないと思います。もちろん、本当にあなたについて彼らが何か言っている可能性も捨て切れませんが。
僕がカルカッタの街を歩いていると、よく自分の話をされているのを耳にします。「ほら見ろよあのパーマ。何考えてるんだ?」「ごらん、日本人よ」「おい、日本人がアイス食ってるぜ」
なかなか楽しいですよ。あなたも会話の内容がどうしても知りたくなったら、インドの言葉を勉強してみてください。その際には、そこのインド料理屋ではどの地方の言葉が話されているのか、あらかじめ確認してから教材を買ったほうがいいでしょう。
ただ、もしインド料理屋以外の場所でも頻繁に「自分の悪口を言われているのではないか」という気分にさいなまれるようでしたら、少し心が疲れているのかもしれないので早めに病院に行ってみてくださいね。

300

いただいたメールの返事をするときに毎回緊張してしまいます。どうしたらよいでしょうか?

篠原成徳(33) フードスタイリスト

思い切って、全てのメールの書き出しを
「シノハラだよー☆☆ブヒー(>(○○)<) 」
から始めてみたらどうでしょうか。緊張はほぐれそうですし、徐々にメールの受信数も減って行くでしょう。