[Info]「彼岸寺」でインタビュー。(2019-02-27)

スクリーンショット 2019-03-30 14.46.27.png
「彼岸寺」という仏教のサイトが、僕が最近よくお寺でライブをすることを特集してくれました。Q&A形式のミニインタビューも載ってます。
 
タブラ奏者・U-zhaanが全国のお寺をライブツアー!? U-zhaanのお寺めぐり!

[Hot Topics!!!!!!!!!]U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS「BUNKA」MV。(2019-02-13)


U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSによる新曲「BUNKA」のミュージックビデオを公開しました! 新曲といっても録音したのは3年前だし、ライブでは何度もやっていますが。
mabanuaくんにミックスをお願いしたほか、指パッチンの音を足してもらいました。あと、バスドラムの音をちょっと太い音に差し替えてもらいましたね。
映像監督は磯部蒼くんです。2年以上に渡って、こつこつと編集を重ねてくれました。かなり大変だったと思いますが、完成までこぎつけてくれてめちゃくちゃ感謝しています。
そしてイラストレーション。ヒップホップの偉人たちは永積 崇くんが描いてくれました。崇くんが点描で描く絵がとても好きで、その絵からこのMVが着想されたところも大きいです。今作では点描ではなく普通に線描してくれましたが、こっちもいいですよね。描くにつれ、どんどんうまくなっていくのがすごかったです。送られてくるたびに驚いてました。僕はウータンクランの絵が一番好きです。
タブラの偉人とヒップホップカルチャー、そして僕ら3人の絵を描いてくれたのは福山武志さん。Vender Woh!という洋服のブランドをやっているデザイナーです。知り合って18年とか経つけれど、無尽蔵なアイディアとキレキレのセンスは衰えを知らず、延々と成長し続けている彼を僕はとても尊敬してます。絵も素敵ですよね。
字幕の文字組みと背景色選定は長嶋りかこさんにお願いしました。超売れっ子の長嶋さんにこんなことお願いしていいのか気が引けましたが、快く引き受けてくれました。仮で入っていた字幕が長嶋さんのデザインに差し代わった瞬間、突然文化の香りが立ち上がってくるのにびっくりしました。
ぜひ観てみてくださいね!
 
U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS / BUNKA

[Works]知久寿焼さんのニューアルバムに参加&曲提供。(2019-02-10)

tumblr_inline_pjxektqwS91w6iwhp_500.jpg
2019年2月10日に発売される知久寿焼さんのニューアルバム『知久寿焼のうた その2 -ほとんど弾き語り新録もの-』に収録されている「セシウムと少女」でタブラを演奏しました。
「きこえないうた」では作曲を担当しています。もともと『カレーライスを一から作る』という映画の挿入曲として作った曲に、知久さんに歌詞を付けてもらいました。
 
知久寿焼ニューアルバム情報特設サイト